対人援助職のためのサポートstation

お互いをリスペクトし合い
対話ができる癒やしの空間
それがstation~イランカラプテ~

HOME

station ~イランカラプテ~ とは?

 

「助けて!」「ちょっと話したいことが・・・」と言いにくい対人援助職の皆さんの、水先案内人(=カウンセラー、コンサルティ、時にバイザー)として、

みなさんの困りごとや、悩みごとにそれぞれ合った形でサービスの提供をしていきたいと考え、2020年6月にstation~イランカラプテ~を立ち上げました。

 

station~イランカラプテ~とは・・・

station=「駅」「発着所」「事業所」「基地」など色々な意味が内包されています。
イランカラプテ=アイヌ語です。「こんにちは」「あなたの心にそっと触れさせていただきます」という意味を持ちます。

この2つが合わさった、対人援助職に携わる1人、1人がクルーとなり、安心して自分の思いや考えを表現できる場所が【station~イランカラプテ~】です。

私がご案内出来る場所は、スーパービジョンやコンサルテーションという言葉で表現されるような機会かもしれませんし、グループでの活動や、時に湯治場~秘湯カリンの湯~かもしれません。

*カリンは私の愛猫です。station~イランカラプテ~の守り神

 

また、私自身が口唇口蓋裂として生まれ、話す仕事に携わっていることに大きな意味を感じています。

今まで、口唇口蓋裂や形成不全などの当事者、またその保護者に当事者としての自分ができることはないのかと考えていました。

何ができるかまだ手探りですが、そういった方々のサポートもしていけたらと思っています。

 

私、一人でサポートできることはわずかですが、対人援助職の仲間をサポートすることで、私には関われない方たちが、私の知らないどこかで助けを得られるのではないかと願っています。

 

タイトルとURLをコピーしました